//
you're reading...
趣味, 料理

瑞々しさを保たせて野菜炒めを作る方法

家で野菜炒めを作ると、水っぽくなって、しなっとしたものができあがってしまったりしませんか?

僕の作る野菜炒めは、色艶もぼやけてしまい、しなってなってしまいがちでした。中華料理のレストランとかにいくと、色艶がよくて食欲をそそり、歯ごたえがありますが、なぜそれができるのだろうと思っていました。あとでわかったのですが、火力のある、中華料理ならではのコンロに理由があることがわかりましたが、家庭のコンロで瑞々しい野菜炒めができないのかなぁと考えていたところ、「男のクロワッサン」という雑誌に答えがありました。

低温低速調理が鍵となる。「弱火でゆっくり加熱すればペクチンが温存され、一定量以上の水分は流出しません。歯ごたえや瑞々しさも残る。野菜は7~10分かけて当店かが進むので、低温低速のほうが甘みも引き出しやすいのです」

これを実践してみたところ瑞々しい野菜炒めを作ることができました。上記以外にも、加熱後にまもなくでる水や油はペーパーで吸い取ることで蒸れてしまうことがかかれていました。塩加減についての大事な視点もかかれていましたよ。

興味のある方は、ぜひご覧になってみてください(^-^)

photo credit: ginnerobot via photopin cc

広告

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

カテゴリー

Twitter アップデート

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。